角質やすり | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » 角質やすり

角質やすり

臭いの元は角質にあると知り、角質ケアグッズを買って、かかと、足指の爪わきののカチコチになった部分を丁寧に取り除きました。
やはり臭いの原因が角質に浸み込んでいたようで、独特の臭いがなくなりました。

100均の角質を取り除くヤスリが大活躍

足の臭いが気になり、ネット検索していると角質に臭いの元が入り込んでいるという記事を見つけました。
さっそく角質を取り除くグッズを検索。
手っ取り早くかかとの角質を取り除くには角質除去用の薬品に浸して一気に剥くというグッズか、こつこつと時間をかけて角質を削り落とすヤスリのようなグッズ。
薬品の方はすぐに終わりそうだが、かかとの角質がべろっとはがれている画像が怖すぎたので、多少時間がかかってもよいので、やすりの方をチョイスしました。
しゃもじのような形の両面に薄いヤスリを貼り付けたようなものを100均で発見。早速、ゴシゴシしました。
あらかじめ仕入れていた情報では
1、乾いた状態のまま行うほうが肌に優しい
2、一度にたくさん削るというのではなく毎日少しづつ
3、削った後はすかさず乳液などで保湿対策。
というのがお約束のようです。

お約束にのっとって まずは靴下だけ脱いでソファーに座ってゴシゴシ。
肌を傷めないようにキメに沿って削ること10分。
フローリングに角質の小山が!その量の多さに少し気をよくして足指の爪の脇の角質もチミチミ削りました。
まだまだ角質の山を高くしたかったのですが、我慢してヤスリは置きました。
間をあけずに乳液をたっぷりと塗ってその日の作業は終了。
角質を削っているとき感じていたのですが、普段ふっと立ち上がってくる足の臭いの成分の一部と角質の臭いは確かに一致してます。

翌日はタイツにバレエシューズ。
いつもだったらコチコチかかとのひび割れにタイツがひっかかるのですがそれもなく、問題の帰宅後の靴脱ぎ後の臭いは大幅に減っていました!
臭いのないすべすべの足なのです。
一気に女子度が上がった気がして本当にうれしく、その日の夜もひたすら角質削りに精を出しました。