匂い対策 Archives | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策

匂い対策

女性でも使いやすいデオナチュレのソフトストーン

とにかく頻繁に足の裏を拭く、これが1番よく聞くと思いますが、できない冬場などは脇に使うデオナチュレのソフトストーンを足に塗っていました。
きちんとふけば臭わなかったが、足だけでなくサンダルもふかなければいけなかったから少し手間でした。

冬場はそんなに気にならないのに、夏の素足にサンダルやパンプスの時に限って本当に臭くなるのでずっと気がかりでした…
色々調べたところ、汗によって蒸れたり、垢が靴について臭いという事がよくわかりました。
私はもっぱら、拭くという対策ばかりをしていました。
仕事場でも、お出かけ先などでも、どこでもトイレがあるので気になる頃にトイレへ行ってはティッシュペーパーをぬらし、足やサンダルの匂いの気になる場所を拭いて過ごしていました。
とくにサンダルを拭くと、スッキリさっぱり履く事ができたのも気に入っていました。
拭くようになって気がついたのは、本当にサンダルに垢がついているということ!
これは本当に、自分に驚愕でした…

いっとき、拭くという行為がめんどくさくなり、市販に売られている脇に使うデオナチュレのソフトストーンを足に塗ったりもしていました。
確かに匂いは抑えられた気がします。

ただ、足の裏がヌルヌルするのにサンダルや靴下を履かなければならない事が本当に気持ちが悪かったです…
今は塗った後にもサラサラで不快感がないタイプもたくさん売られているとは思うのですが、私は足の裏にもよく汗をかいて蒸れてしまうタイプなので、クリームと汗で足の裏が不快な感じがとても苦手でした。
なのでやはり、拭くに尽きると思きます。

冬場はあまり拭くことはできませんが、同じような容量で蒸れやすいブーツの時などは靴下を取り替えるのが1番清潔に保ててよかったです。
ストッキングなどをはいている日はどうしようもないので、消臭クリームで対応していました。
靴の中で足が滑る感じは苦手でしたが、靴を脱いだ時に臭いと周りに迷惑んかけるし、恥ずかしかったので足の不快感くらい!と思って耐えていました。

基本ケア:足をしっかり洗ことで臭いに効果あり

お風呂で体を洗う時に、ボディーソープ多めで足の指の間と、足の裏を毎日しっかりと洗う事。
そして、外出している時等では、靴から足を出せる時にこまめに出して、靴が蒸れないように空気に触れさせることをした。
足の指を念入りに洗った次の日から臭いが減少しました。
そして、靴から足を出して蒸れさせないようにしたら、その日は臭いが少なくなりました。
普段靴を一日中履いていたりするので、靴を脱いだ時に臭いがかなりきつい毎日でした。

食事に行った際に、靴を脱ぐタイプのお店で周りの人に臭いがばれてしまうのではないかと心配でなかなか気持ちよく食事ができませんでした。
そういった日々を過ごしていたら、ある日テレビで、「足の臭いが出てくるのは足が蒸れて雑菌が繁殖してしまう事が原因だ」ということを言っていて、蒸れないようにしたら臭いが減るのかと思い、普段から足を靴から出して少しでも乾燥させてみました。
そしたら、その日は臭いがいつもより少なくて、驚きました。

そして、雑菌が繁殖しているのなら、足を念入りに洗えばいいのではないかと思い、その日から臭みが多い足の指や足の裏を念入りに洗うようにしました。
そしたら臭いが減っていき、足が臭うことを気にならなくなりました。

このように、足を蒸れさせない、雑菌を繁殖させないことに注意すれば臭いが少しは減少するということが分かりました。
ということは、市販の足の臭い対策グッズなど、今は様々なものが売られていますが、臭い対策グッズを使えばさらに臭いがなくなると思います。
でもお金がかかってしまうという点においては、毎日念入りに足の指や足の裏を洗い、靴を脱いで乾燥させていくほうがお金がかかることもないし、経済的に臭いが気にならなくなるので良いのではないかと思います。

私と同じように足の臭いで困っている方には、まず最初に、毎日のお風呂で念入りに足を洗うこと、靴から足を出して乾燥させることをしてもらいたいです。
靴から足を出せないという人もいるかもしれませんが、その時にはしっかりと足を洗うことをしてみたら良いのではないかと思います。
少しでも臭いが気にならなくなればいいですね。

「セサミオイル」で足のケア

「セサミオイル」で足の指まで行うマッサージケアと、常に乾燥させておくことを心がけ、通気性をよくすることが、足のニオイ対策に効果的でした。
効果を期待していたわけではないけれど、実際には堅実なフットケア、ニオイ対策ケアになったと思う。
今ではニオイなど気になっていないことが常の状態です。

元々、足のニオイが気になっていたわけではないが、「フットケア」ということで実践していた結果、ニオイ対策にもなっていると気づいた。
実は私は何でも「保湿」こそが肝心だという認識でいたため、朝から晩まで、それこそ真夏であっても靴下を欠かさず履くようにしていた。
それが逆効果であったことを知ったのは、本格的なフットケアをしたい、と思い出してからである。

勿論、年齢を重ねていくに従って「ニオイ」ということについても敏感になる。
ただ、それは体臭と同じで、食べ物の摂取の仕方や不潔にしておかない、という程度でいいと思っていて、足のニオイケアに対しても、前述したように保湿ケアをすべく、お風呂上がりにクリームを塗ってみたり、角質を削ったりが「ケア」しているのだと思い込んでいた。
それが一転、オイルマッサージに興味を持ったことから、実は足の裏は「乾燥」させていくのが大事であるという知識に辿り着いたのである。
今では家では素足で、夏のスリッパはタオル素材の親指が分かれるタイプの物を使用している。

また、私の場合は「アーユルヴェーダ」を自分のスタイルに替えて実践しているけれど、まず入浴前にセサミオイルで足の裏と指一本一本までマッサージしながらオイルをすり込み、その後でお風呂に浸かりながら更に体全体をマッサージする。
手にオイルがついているので、滑るようにマッサージができ、後は石けんで洗浄するのだけど、足裏は乾燥させることを意識して、ここでもしっかりと洗浄している。
この丁寧な「マッサージ」による血液循環を促す行為は、他の部分にも効果があると思う。
足のにおい対策において単独で考えず、他のどの部分も足と密接に関連しているということを意識することが大切だ。
また、セサミオイルは毒素排出や肌の再生を助ける効果もあるそうで、オイル自体も足の洗浄に向いているのかもしれない。

ところで、今まで自分は足裏や指一本一本の洗浄まできめ細かく洗っていなかったことにも気づいてしまった。
最近、このオイルマッサージを中断したことがあったけれど、その時また石けんでの丁寧な洗浄もしなくなり、夏場だけに、やはりちょっとにおいも気になってしまった。
結局は日々の洗浄及びマッサージによる血液循環を恒例化することや、通気性をよくし、蒸れさせないことが大事だと思っている。

外出前に足にエッセンシャルオイルをつけて消臭を

外出前に足にペパーミントオイルやティーツリーオイルを指股に数滴つけ馴染ませた。
靴用の消臭スプレーをお出かけ前に靴の中に振りかけた。
ペパーミントオイルはつけた瞬間から清涼感があり、外出から帰ってもいつもよりあまり臭わなかった。
ティーツリーはそれほど清涼感は無いが、殺菌力が強いので臭いは抑えられていた。

こまめな対策が効果的

ブーツ&くつ消臭スプレーはこれまで色々なメーカーの物を何年間も使ってきましたが、より効果的な使用方法としては、帰ってきたときに使うより、お出かけ前の履く前にスプレーした方が効果があったと思う。
あと、爪の間にゴミが入り込むとそこにも雑菌が溜まって足の臭いの原因になるということを何かの記事で読んだことがあったので、足の爪を短く切ってみたら以前ほど足の臭いが気にならなくなった。

また、靴全般にいえることとして、靴の中敷がずっと使っているうちに汗や汚れで雑菌の温床になっていることが多いので、100円均一などで売っている靴用の中敷を購入して時々取り替えるなどして、臭い対策を行うようにしている。

あと家での靴の保管場所にはひと工夫して脱臭剤や備長炭、使用済みのコーヒー豆を乾燥させたものなど(一旦よく乾燥させたコーヒー豆を新しいコーヒーフィルターに入れて上を縫い付けたものや、小皿にただ入れただけのものなど)を消臭対策として常に設置するよう心がけ、保管状態にも気を配るようにしている。

そして、使用頻度の高い靴や当日履いた靴などは風通しの良いところで陰干しをするようにすると、湿気が減り、雑菌の繁殖の防止にもつながっている。
前述のペパーミントオイルとティーツリーオイルを足に塗る方法も、手っ取り早くてすぐに効果のある方法だった。
アルコールとエッセンシャルオイルを入れた自家製の消臭スプレーで布製の靴や自分の足先などに振りかけるのも効果的だった。

スプレーが無くてもエッセンシャルオイルを足先に塗り込めば、すぐに馴染んで効果があるのでよかった。
普段履きしない少し良い靴を履くようなシーンでも、エッセンシャルのいい香りで癒されるし、消臭効果も得られて一石二鳥だと思う。
もう少しいい香りの消臭スプレーが発売されると嬉しいです。

角質取りで臭いすっきり


以前、化粧品会社に勤めており、ストッキングを履いてヒールで一日中はいていたので、仕事がおわるころには足がくさくなってました。
足の角質をとる石けんなどをつかったり、スプレーなと使っていました。
角質を取ると臭いのがなくなりました。

実際に足が臭くならないように対策したことは、こまめに爪を切ること。
爪の間に菌や汚れがつくことによりとても臭くなります。
甘皮もしっかりとるほうがいいです。
足をあらうのもボディーソープではなく、足の裏専用の石けんをつかうとこれだけでもちがいま
す。
特に女性だと、ホルモンバランスで体の臭いや、足の裏のにおいが変わります。
生理前は黄体ホルモンになるので、体臭や足の裏の匂いが変わります。

こまめに角質を取るのがおすすめ

あとは、こまめに角質をとることです。
まずは、40度前後の暖かいお湯でしっかりと足の裏を温めて、ふやかします。
足の裏が柔らかくなったら、専用の足の裏石けんて洗います。タオルでかるくふきとり、角質をヤスリなど、軽石などでこすります。
擦り方はたてや、よこ。クルクルまわしたりしてしっかりとこすります。
臭いかたは、クルクルしてるときににおいがでるとおもいます。
その後はまた足の裏をあたためます。
その後、冷たい水で引き締めます。
タオルでしっかりと拭いてドライヤーでかわかします。
これをやらないとくさくなるので完璧に乾かすといいとおもいます。

これをやるだけでだいぶ臭くならないですが、足の裏に汗をかかなくなりました。
蒸れなくなったので臭いのも少しはなくなりました。
仕事中は洗うことはできないので靴にかけるスプレーをしたりしていました。仕事が終わった後は靴をかわかします。
専用の乾かすのがあるので、毎日それで乾かしていました。
中敷きを毎日変えたり、毎日同じ靴を履かない方がいいと思います。
スニーカーなどはくときは靴下を5本指の靴下にしするだけで蒸れないしかなりあせもかかないし、臭くならなかったです。
いまつかっているのは電動で角質をとるのをもっていますがおススメです!

足のにおい効果のある方法を検証しました。

帰宅時に靴に除湿・防臭の湿気取りを入れること、汗拭きシートのメンソールタイプで足の裏を拭く、社内などの蒸れ安い場所では靴を買える、靴下を変える 変更後から1週間程度で効果がでました。

下記4点を試しました。

  • 1.帰宅時に靴に除湿・防臭の湿気取りを入れること
  • 2.汗拭きシートのメンソールタイプで足の裏を拭く
  • 3.社内などの蒸れ安い場所では靴を買える
  • 4.靴下をナイロン素材から、布素材に変える

≫ 『足のにおい効果のある方法を検証しました。』

角質やすり

臭いの元は角質にあると知り、角質ケアグッズを買って、かかと、足指の爪わきののカチコチになった部分を丁寧に取り除きました。
やはり臭いの原因が角質に浸み込んでいたようで、独特の臭いがなくなりました。

100均の角質を取り除くヤスリが大活躍

足の臭いが気になり、ネット検索していると角質に臭いの元が入り込んでいるという記事を見つけました。
さっそく角質を取り除くグッズを検索。
手っ取り早くかかとの角質を取り除くには角質除去用の薬品に浸して一気に剥くというグッズか、こつこつと時間をかけて角質を削り落とすヤスリのようなグッズ。
薬品の方はすぐに終わりそうだが、かかとの角質がべろっとはがれている画像が怖すぎたので、多少時間がかかってもよいので、やすりの方をチョイスしました。
しゃもじのような形の両面に薄いヤスリを貼り付けたようなものを100均で発見。早速、ゴシゴシしました。
あらかじめ仕入れていた情報では
1、乾いた状態のまま行うほうが肌に優しい
2、一度にたくさん削るというのではなく毎日少しづつ
3、削った後はすかさず乳液などで保湿対策。

というのがお約束のようです。

お約束にのっとって まずは靴下だけ脱いでソファーに座ってゴシゴシ。
肌を傷めないようにキメに沿って削ること10分。
フローリングに角質の小山が!その量の多さに少し気をよくして足指の爪の脇の角質もチミチミ削りました。
まだまだ角質の山を高くしたかったのですが、我慢してヤスリは置きました。
間をあけずに乳液をたっぷりと塗ってその日の作業は終了。
角質を削っているとき感じていたのですが、普段ふっと立ち上がってくる足の臭いの成分の一部と角質の臭いは確かに一致してます。

翌日はタイツにバレエシューズ。
いつもだったらコチコチかかとのひび割れにタイツがひっかかるのですがそれもなく、問題の帰宅後の靴脱ぎ後の臭いは大幅に減っていました!
臭いのないすべすべの足なのです。
一気に女子度が上がった気がして本当にうれしく、その日の夜もひたすら角質削りに精を出しました。