重曹と固形石鹸でいざ対策! | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » 重曹と固形石鹸でいざ対策!

重曹と固形石鹸でいざ対策!

重曹と固形石鹸とで足の匂い対策をしてみた。

(1)重曹をとかしたお湯をつくり、脚をその中につけて洗う。

(2)ボディーソープの使用をやめて固形石鹸で洗う。

靴を脱いでもむわっと臭いがすることがなくなった。

(1)は数日かかったが、(2)は1週間以内に効果あり。

効果があったのは・・・

仕事中、パンプスをずっと履いていると足のにおいが気になるようになりました。

もともとデスクワークなので、靴を脱ぐタイミングがほとんどありません。

ストッキングを履いて同じ靴を8時間も9時間も履いていることで、においがしつこくついて取れないようになりました。

靴を脱いで通気性をよくしようと試みるも、呼ばれるとすぐに立ち歩かないといけないのでなかなかデスクの下で靴を脱ぐこともできません。

また、においが気になっているので靴を脱ぐことにもどうにもためらいがあり、なかなか脱ぐことも難しかったです。

そこで、靴を変える、ストッキングを変えるなどいろいろ試してみましたがにおいがすっきりしませんでした。

次に、靴をこまめに洗うことを試みましたが、革靴でしたので何回もゴシゴシ強く洗うと靴自体が傷んでしまいました。

結局、安い靴を買ってにおいが気になり始めたら洗い、それでもにおいが取れなくなったら捨てるという、非常に勿体ないやり方をしていました。

ある日、口コミで「足を重曹を溶かした水で洗う」というものを見かけました。

靴を洗うのに重曹は使っていましたが、足にも使っていいのかと衝撃でした。

試しに何日か実行してみたところ、足のにおいがすっきりしました!

今まで靴ばかり洗っていましたが、足そのもののにおいを取ることで悩みがかなり解消されました。

しかし、重曹は優しすぎるのか、だんだん効き目が薄くなってきました。

もっと確実な方法はないかとしらべたところ、ボディーソープよりも固形石鹸で洗う方がよいとの情報を得ました。

すると、鼻をつまみたくなるようなにおいがすることは全くなくなりました。

なので今でも固形石鹸で洗うようにしています。