革靴のニオイはどうして臭くなるの? | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » 革靴のニオイはどうして臭くなるの?

革靴のニオイはどうして臭くなるの?

仕事で毎日革靴を履いている人は、靴のニオイが気になってしまうことも多いでしょう。
そもそも革靴は何でこんなに足のニオイが気になってしまうのか、疑問に思っている人も多いと思います。
そこで、革靴を履いたときにニオイが発生する原因についてみていきたいと思います。

・革靴のニオイが気になる原因は革靴の素材にあった!
革靴は足の熱がこもりやすく、通気性も悪いので雑菌が繁殖しやすい状態が原因でニオイが発生します。
革靴はスニーカーよりも通気性が悪く、湿度や温度が上昇しやすいことでニオイがきつくなります。
1日中仕事で革靴を履きっぱなしという人は、足をサウナに入れたまま仕事をしているようなものでムレてニオイが発生してしまいます。
特に、夏場や外回りをしている仕事をしているときは汗をかきやすなり、雑菌が繁殖しやすくなる環境に陥るので注意しましょう。

・革靴は1度ニオイが発生するとなかなか取れない?
毎日仕事で革靴を履いている場合、足のニオイが消えなくて困っている人も少なくありません。
革靴は水洗いをすることができないので、1度ニオイが発生するとなかなか臭いを除去できないという状態に陥りやすくなります。
新しい革靴を買っても1日仕事に履いていくだけでニオイが付いてしまうという人もいますが、効果的な対策を行えば革靴のニオイも防げるようになります。
特に、新しい革靴は匂いを付けたくないと思っている人も多いと思われるので、きちんと足のニオイを対策してニオイが発生しないように心がけましょう。

このように革靴は湿度や温度、ムレや通気性が原因でニオイを発生させています。
こういった条件は雑菌にとって天国のような環境で、居心地がよく繁殖しやすい場所となります。
対策を行うときは雑菌が居心地の悪い環境を作り、繁殖しにくくするように心がけることが大切になります。
革靴に対策を行えば1日中仕事で革靴を履いても、ニオイが気になるということがなくなるでしょう。