革靴のニオイを改善させる対策は? | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » 革靴のニオイを改善させる対策は?

革靴のニオイを改善させる対策は?

お気に入りの革靴はきれいに履いて、ニオイを付けないようにしたいと持っている人が多いと思います。
1度ニオイが付いてしまうとなかなか取れず、諦めて買い替えるしかないと愕然としてしまうことも多いですが、革靴は対策を行うだけでニオイが気にならなくなりますよ。

・革靴のニオイが気にならなくなる対策
日頃のお手入れに一工夫するだけで、革靴のニオイが気にならなくなる対策をご存知ですか。
革靴は清潔に保ったり、風通しのいい場所で陰干しをするのが効果的ですが、脱臭剤を使ってニオイを対策するのも効果的です。
脱臭剤の中にはイソ吉草酸を除去してくれる成分が入っていて、革靴の奥まで届きニオイを除去してくれます。
また、すぐに乾く速乾性の高い脱臭剤もあるので、こういったアイテムを使って風通しのいい場所で陰干しをするのがおすすめです。
脱臭剤を使えばニオイの原因菌を除去し、消臭効果を継続させてくれるので革靴を履いたときもニオイが発生するのを抑えてくれますよ。

・消臭効果のある中敷きでニオイを軽減させる対策
消臭効果のあるデオトラント商品で、ニオイを軽減させる対策を行っている人も多いと思いますが、これはニオイを一時的に抑えるだけのものです。
なので、デオトラント商品で毎日お手入れしていても、革靴を履くとまた嫌なニオイがするということも多いと思います。
そんなときは脱臭剤で陰干しを行った後に、消臭効果のある中敷きを革靴の底に敷いてニオイが発生しないように対策をしましょう。
この対策を取れば新たに汗をかき雑菌が湧いても、ニオイを中敷きが消臭してくれることにより臭いの発生を抑えられますよ。

このように革靴は結構毎日のお手入れが必要となりますが、仕事でどうしても革靴を履かないといけないという場合はニオイの対策をして、汗をかいてもニオイが気にならない、革靴にニオイが染み込まないようにしましょう。
その方法としては脱臭剤や陰干し、消臭効果のある中敷きで対策を取るのがおすすめです。