パンプスで足のニオイが臭くなる原因は? | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » パンプスで足のニオイが臭くなる原因は?

パンプスで足のニオイが臭くなる原因は?

女性は仕事でパンプスを履いたり、旅行やお出かけ、お祝い事などでパンプスを履く機会が多いです。
パンプスを履くとどうしても、足のニオイが気になってしまうという人が多いと思います。
そこで、パンプスを履いたときに足のニオイが気になる原因についてみていきたいと思います。

・足にはワキと同じエクリン線がたくさんある!
足の裏にはワキと同じエクリン線がたくさんあり、知らないうちに汗をかいてしまいます。
汗自体にはニオイがないのですが、足の皮脂や角質などに住みついている菌が、汗をエサとして繁殖していくことでニオイが発生します。
特にパンプスの場合はストッキングを履くので、吸湿性が悪くなるためムレやすくなり菌が発生しやすい状態となります。
菌が繁殖することでニオイが強くなりパンプスに菌が住みつくことで、足のニオイが染み付き玄関に置いているときや次の日もニオイが気になることがあるので注意しましょう。

・パンプスは通気性が悪いことで熱がこもりやすい!
同じパンプスでも通気性やデザイン性が考慮されているパンプスもあります。
パンプスの前が開いているタイプやレースの素材でできているパンプスは、通常のパンプスに比べて通気性に優れています。
通常のパンプスの場合は通気性が悪く熱がこもりやすいため、足がムレてニオイが気になってしまいます。
なので、パンプスを選ぶときは出来るだけ通気性が良いものを選ぶようにすると、多少ですがニオイを軽減できるようになるのではないかと考えられます。
そもそもパンプスはストッキングを履かなければならないので、ニオイを完全に抑えることは難しいのですがこういったパンプスを履くことで足のニオイを軽減できますよ。

このようにパンプスを履いたときに足のニオイが臭くなるのは、皮脂や角質、汗やストッキング、通気性に原因がありました。
しかし、パンプスを履くときはムレることは分かっていても、マナーとしてストッキングを履かなければなりません。
なので、パンプスを履くときは対策を行い、ニオイが気にならないようにケアしましょう。