外出前に足にエッセンシャルオイルをつけて消臭を | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » 外出前に足にエッセンシャルオイルをつけて消臭を

外出前に足にエッセンシャルオイルをつけて消臭を

外出前に足にペパーミントオイルやティーツリーオイルを指股に数滴つけ馴染ませた。
靴用の消臭スプレーをお出かけ前に靴の中に振りかけた。
ペパーミントオイルはつけた瞬間から清涼感があり、外出から帰ってもいつもよりあまり臭わなかった。
ティーツリーはそれほど清涼感は無いが、殺菌力が強いので臭いは抑えられていた。

こまめな対策が効果的

ブーツ&くつ消臭スプレーはこれまで色々なメーカーの物を何年間も使ってきましたが、より効果的な使用方法としては、帰ってきたときに使うより、お出かけ前の履く前にスプレーした方が効果があったと思う。
あと、爪の間にゴミが入り込むとそこにも雑菌が溜まって足の臭いの原因になるということを何かの記事で読んだことがあったので、足の爪を短く切ってみたら以前ほど足の臭いが気にならなくなった。

また、靴全般にいえることとして、靴の中敷がずっと使っているうちに汗や汚れで雑菌の温床になっていることが多いので、100円均一などで売っている靴用の中敷を購入して時々取り替えるなどして、臭い対策を行うようにしている。

あと家での靴の保管場所にはひと工夫して脱臭剤や備長炭、使用済みのコーヒー豆を乾燥させたものなど(一旦よく乾燥させたコーヒー豆を新しいコーヒーフィルターに入れて上を縫い付けたものや、小皿にただ入れただけのものなど)を消臭対策として常に設置するよう心がけ、保管状態にも気を配るようにしている。

そして、使用頻度の高い靴や当日履いた靴などは風通しの良いところで陰干しをするようにすると、湿気が減り、雑菌の繁殖の防止にもつながっている。
前述のペパーミントオイルとティーツリーオイルを足に塗る方法も、手っ取り早くてすぐに効果のある方法だった。
アルコールとエッセンシャルオイルを入れた自家製の消臭スプレーで布製の靴や自分の足先などに振りかけるのも効果的だった。

スプレーが無くてもエッセンシャルオイルを足先に塗り込めば、すぐに馴染んで効果があるのでよかった。
普段履きしない少し良い靴を履くようなシーンでも、エッセンシャルのいい香りで癒されるし、消臭効果も得られて一石二鳥だと思う。
もう少しいい香りの消臭スプレーが発売されると嬉しいです。