サンダルを履いたときにニオイが発生する原因 | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » サンダルを履いたときにニオイが発生する原因

サンダルを履いたときにニオイが発生する原因

靴は通気性が悪いことでニオイが発生しやすくなるという特徴があります。
だったらサンダルで通気性を良くすればいいのではないかと考える人も多いと思います。
しかし、通気性のいいサンダルでもニオイが発生してしまう可能性もあるので注意しましょう。
そこで、サンダルでニオイが発生する原因について見ていきたいと思います。

・サンダルでニオイが発生するのはどうして?
サンダルというのは夏場に履くことが多く、気温が高いときに履くイメージがあると思います。
まさに、これこそがサンダルでニオイを発生させてしまう原因です。
気温が高くなるとサンダルと足の接地面に汗をかきやすくなり、汗をエサとしている雑菌が増殖してしまいます。
サンダルは通気性がいいからニオイを軽減できると思っているのは間違いで、通気性が良かったとしても一度雑菌が湧いてしまうと菌が増殖し、ニオイの原因となってしまうので注意しましょう。
雑菌やバクテリアが増殖してしまうとサンダルでも嫌なニオイが発生し、通気性がいいことで周りにニオイを放ってしまう可能性もあります。

・汗を吸ってくれる靴下を履かないことが原因になることもある!
サンダルは素足で履くもので、靴下を履かないからニオイが出にくいと考える人もいますが、逆に言えば靴下を履かないから汗を吸収させることが出来ず、それが直にニオイとしてでてしまうという特徴があります。
特に、サンダルの場合はクロックスの素材のようにゴム製になっていることが多く、足が汗をかきやすい状態を自然に作り上げてしまっています。
これによりサンダルを履いたときに、汗で足が滑ったりすることが多くなるということです。

サンダルでニオイが気になった人は、ニオイが発生する原因をよく考えて対策を考えることが必要だと考えられます。
最近はサンダルを履いたときにオシャレに見える靴下も販売されているので、こういったアイテムで汗を抑えたり、足が汗でベタベタにならないようにする対策がおすすめですよ。