ブーツは何でニオイが発生する?原因は何? | 靴・ブーツ・サンダル履物別!ニオイ対策

HOME » 匂い対策 » ブーツは何でニオイが発生する?原因は何?

ブーツは何でニオイが発生する?原因は何?

春先や秋、冬などに履く機会が増えるブーツ。
ブーツはオシャレアイテムとして使われるものですが、ニオイが発生しやすいので注意が必要です。
ブーツでオシャレに決めていても足のニオイが臭くなってしまっては、お店の座敷に通されたときや家に呼ばれたときなどに困ってしまうこともあります。
そこで、ブーツで足のニオイが臭くなる原因を考えてみましょう。

・ブーツはムレやすく汗をかきやすいことが原因!?
ブーツで足のニオイが臭くなる原因は角質や雑菌、汗などが考えられます。
足の角質は分厚く、皮膚に潜んでいる雑菌が汗を分解することで嫌なニオイを放ってしまいます。
ブーツは靴下を履いてから履くものなので余計に汗をかきやすくなり、ムレが発生しやすいことでニオイがきつくなってしまいます。
ブーツを履く時期は春先や秋など気温が温かいとき、冬場のお店の中が暖房で温かいときなどに履くため汗をかきやすい状態を作ってしまいます。
また、多汗症の人は普通の人よりも足に汗をかきやすくなるので、こういった人は特に汗に関して注意をするようにしましょう。

・ブーツは通気性が悪いことで雑菌が湧きやすい!
ブーツで足のニオイがきつくなるのは、ブーツの素材による通気性の悪さが原因です。
ブーツは本革、合成などの素材でできいるため、空気を通さずムレを抑えることが出来ません。
特に合成で出来ているブーツは一番ムレやすくて、ニオイもきつくなる傾向があります。
1度汗をかいてしまうと湿気や熱気によりムレて、ニオイがきつくなる一方なのでブーツを履くときは注意が必要です。

このようにブーツでニオイが発生する原因は、角質や雑菌、汗やムレであることが分かります。
こういった原因を知っていれば何かしらの対策に役立てられ、ブーツのニオイを軽減させることも出来ます。
足の裏の角質対策や汗をかいてもニオイがしない予防などを行い、快適でニオイを気にせずオシャレも楽しめるのではないかと考えられます。